雪とダイヤモンドダストと雪見だいふく

f:id:utr066:20170209103053p:plain 雪って綺麗ですよね。 今日は朝から雪を見たので雪について書きたいと思う。

雲を作っている水のつぶは、、はじめ小さな氷のつぶになります。そして、その氷のつぶのまわりに空気中にある水蒸気(すいじょうき)がくっついて、だんだん大きな氷の結晶(けっしょう)となっていくのです。これが、雪のつぶです。雪はどうしてふるの|科学なぜなぜ110番|学研サイエンスキッズ

へえ、曇を作ってる水って最初は氷なんだね。その氷が落下中の気温で溶けてしまって雨になるみたい。

つまり、氷が解けないぐらいの寒い時にしか雪はできないんですね。

雪の結晶の見方

f:id:utr066:20170209111019j:plain

雪といったら雪の結晶。美しい。 でも実際に見たことのある人なんているのかな。なかなかいないのではないでしょうか。そもそも肉眼で見ることができるものなのかも怪しいですね。

iko-yo.net どうやら虫眼鏡だけで見ることができるらしい。こんな綺麗なものを写真におさめたいものですね。 実際の見方としては以下の通り。

・黒い分厚い手袋をはめて外に出る。 ・そして、黒い手袋の上に振ってくる雪を、注意深く、自分の息がかからないように気をつけつつ、観察する。

これだけで見ることができるみたい。これなら誰でもできるじゃん。 北海道とかいったら綺麗に見えるんでしょう。

ダイヤモンドダストがみたい

f:id:utr066:20170119141236p:plain ダイヤモンドダストってありますよね。氷がぱらぱらと空間を舞っているあれです。

かなり綺麗です。どうやらここは北海道のようですね。 北海道住みの方の特権です。

ダイヤモンドダストが見える条件は気温が-15~-20℃以下で湿度が高く、晴れて風が無いときみたいなので、かなり難しい。 こんな寒い時に細かい氷降ってたら、肺やられますね。

雪といえば粉雪

レミオレメンの曲です。聞いたことがない人がいたら聞いてみてね。

  • 粉雪・・・粉のようにサラサラした雪

    粉雪はパウダースノーとも呼ばれ、スキーやスノーボードなどのウインタースポーツを楽しむには、いい状態の雪です。気温が低く、空気が乾いているときに降るもので、とてもサラサラしているので、雪玉がかたまりにくいという特徴があります。

雪といえば

雪といえば何を連想するでしょうか。僕は雪見だいふくです。 あの外側のもちもちした感じが美味しいですよね。

ロッテ ミニ雪見だいふく 27ml×9個×8袋

ロッテ ミニ雪見だいふく 27ml×9個×8袋

雪見だいふくもそのまま食べるのではなく、アレンジしてさらなるおいしさを求めるツワモノもいるようです。

matome.naver.jp 今度やってみましょ。